日経新聞の記事から~一般職は減少方向に・・・

今日の日経新聞で、メガバンクの総合職を削減するとの報道がありました。ITによる自動化や窓口業務の減少、

 

これはネットバンキングなどで来店するお客さんが減少している などで、一般職の必要性がなくなってきた

 

というのです。この事象からしても「第四次産業革命」はもう片足突っ込んでいるな―と感じますね。

 

これからの仕事はより専門的になっていくということでしょう。これは銀行だけではなく、企業にも言えることです。

 

どんどん組織のスリム化と自動化が進み、一般職がなくなっていくのだろうなと感じます。しかし全部がなくなるわけでは

 

無いです。もちろん残るのですが、恐らく残った部分のスタッフは「優秀」なスキルを持っているのだろうなと思うのです。

 

また産業によって、アナログ的なところが引き継がれていくこともあるでしょう。実際当社の取引先でも、アナログ文化

 

の事務所は複数あります。それでやれるし、それが良い場合もあります。

 

しかし全体的な流れとしては「IT化」が進み、少数で生産工数を上げる方向になっていくと感じますね。

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

求人へのご応募、弊社サービスについてのお問い合わせはお気軽に!

エンジニア・事務のお仕事.jpの連絡先

株式会社スタンディング・オン 【滋賀本社】〒520-2144 滋賀県大津市大萱1丁目18-14本郷ビル2F

  • メールでのお問い合わせは24時間受け付けています。
  • 営業時間外にいただいたご連絡につきましては、翌営業日以降に対応させていただきます。