事務仕事はAIやIOTにとって代わられるのか?

今日はね、ある京都の新規取引先のご担当者の方が言っていたのですが、どこの派遣会社も、レギュラーのスタッフを

 

なかなか連れてこれないと言っていました。この状況は去年までは、そこまで人が集まらない状況ではなかったと感じている

 

のですが、状況は一変しているのですね。政府が外国人労働を急ぐのもわかる気がします。

 

さて、事務のお仕事はAIやIOTにとって代わるのか?という問題です。

 

たしかに、取って代わる部分もあるでしょう。しかし私は全てがそうなるとは思いません。

 

日本の企業の約98%が中小零細企業で成り立っています。果たしてそこまで設備投資ができるとは思えませんし、

 

仕事の流れは思いのほか複雑で、マニュアル通りにはいかないと考えています。恐らく、変革したとしても

 

短時間労働、SP的な仕事、在宅でできる仕事に代わるかと思うのです。

 

そこで重要なのが、一人一人のスキルアップが欠かせなくなります。AIなどを駆使し、効果的な事務作業が求められる

 

からです。また短時間ということで給料が減るので、色んな仕事を受け持つという状況になるのかなーとも感じます。

 

なので、一段と格差が広がるのかなと懸念しています。

 

数年後には、士業はなくなると言われていますが、果たしてどうでしょうか。優秀な士業は存続し、ダメな士業は

 

廃業に追いやられるのではないでしょうかね。これは会社も同じことです。競争が激化し、スキルの高い会社は

 

存続するのでしょうね。なにか冷たい世の中が来るのかと思うと、寂しくなりますね。まあ、第四次産業革命がはじまり

 

新しい仕事が増えればいいのですが・・・。皆が楽しく活き活きと仕事ができれば良いのですがね。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

求人へのご応募、弊社サービスについてのお問い合わせはお気軽に!

エンジニア・事務のお仕事.jpの連絡先

株式会社スタンディング・オン 【滋賀本社】〒520-2144 滋賀県大津市大萱1丁目18-14本郷ビル2F

  • メールでのお問い合わせは24時間受け付けています。
  • 営業時間外にいただいたご連絡につきましては、翌営業日以降に対応させていただきます。